アトリエ・アローム&パルファン・パリ
 

調香レッスンの流れ


毎回のレッスンは2時間で行われます。ご受講されるみなさまお一人お一人を丁寧に指導いたします。


 

レッスン前半

レッスンで用いる香料や香水を鑑賞しながら、講師が「香りの美学」について解説いたします。

「香りの美学」で学ぶ内容は、毎回のレッスンで異なります。計12項目の内容を、当日のレッスンで用いる香料と香水を用いながら、順番に繰り返しご説明いたします。
料理と同じように、材料をよく知ることが、上手に香りを完成させるコツです。また、お手本となる香水をよく観察し理解することで、レッスン後半で調香する香りの完成度を高めます。


 

レッスン後半

調香作業を受講者それぞれの進度で行い、1回のレッスンで2つの香りを完成させていただきます。
講師がおひとりおひとりに、調香に関する技術的アドバイスをいたします。
初回のレッスンでお渡しする「香水レッスンノート」に、レッスンで学んだことや処方を書き込んでいただけますので、ご自宅で復習することができます。
また、教材はすべてお持ち帰りいただけますので、ご自宅でも「香水レッスンノート」を用いて、自由に調香をお楽しみいただけます。



※アロマ調香レッスン(基礎科3回→マスター科6回)とフレグランスデザイン(初級3回→中級12回→上級12回)のすべての過程を修了された方は、パフューマープログラム(花調香→ベースモデル調香)にお進みいただけます。